2003年07月25日

:: 梅雨

山のようにある・・・というか
山くらいの量はしっかりある資材の整理をしました。

箱に無造作に立てたドライフラワーの束に取りかかった時
ふっ・・・と、変な臭いがした。

・・・?????
ん?
なぜか、イカの臭いに近い。

なんだろ?と箱の底を覗いたけれど何もない。
で、「なんだ、気のせいね」・・・と思ったら。。。

・・・!!!!!!

茎をよーく見ると、カビが!!!
どれもこれもセロファンに覆われている部分の茎にカビが…。

もしや…と今度はドライフラワーをストックした箱を開けてみた。
・・・ら!!!
それは蓋をして密封状態の箱だった為に
花びらも茎も全てカビが生えていた。ショック…!
今までは湿気と縁の無い家だったから気を抜いていたけど、
この家のこの部屋は湿気の多いようで、
それでこういう事態になったようです。ああぁぁぁ!

、、、仕方がないので、全部ゴミとして処分する事になりました。
せっせと作ったバラのドライはとてもキレイな色に仕上り
大事に大事にとっておいた物だったからとっても残念です。。・゚・(ノД`)・゚・

梅雨だったんですねぇ。
でも、こんな事で季節を痛感するなんて…。
はぁ〜ぁ。。。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月23日

レッスンの人数

病院でのレッスンが始まりました。
20名を2部に分けてのレッスンです。(病院の職員さん)
初めてのアレンジメントに皆さんなかなかお上手で感心いたしました。

以前の自宅の教室では丁寧な指導ができると思い
マンツーマンでレッスンしていました。
あと、生徒さん達のいらっしゃる時間が
それぞれ違っていらしたのも理由の一つでした。

でも、文化センターさんのレッスンで
生徒さんは多人数制の方が仕上げも上達も早いと悟りました。
他の方のアレンジ過程が目に入る事で良い点・悪い点が参考になるようですし
一人に説明した点が皆さんの耳→頭に入る効果もいいようです。

こちらに引っ越してきてもうすぐ3ヶ月
そろそろ、こちらでも教室を始めるつもりです。
仕事や家事を持つ方々が一斉の時間に揃うのは困難だろうと思うので、
人数体制をどうするか検討中です。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月13日

:: 花の姿を大切に

叔父の家に用事があり行ってきました。
久しぶりの訪問に喜んでくれて美味しい寿司折でおもてなしして貰い、
近況や思い出話しに花を咲かせ楽しい時間を過ごしてきました。

叔母が玄関に生けた茶花(少し紅葉した葉、名前不明)と
床の間には竹製の籠に生けたガマと桔梗がとても美しい。
黒い漆が塗られた竹製の籠も品格があり素敵。

スッと伸びたガマの茎から葉が優しくうな垂れて
鮮やかな紫の桔梗が花びらをピンと立て、
落ち着きがあり涼しげな花あしらい。
叔母は私と同じ池坊の師範を持っていて
いけばな歴はもう数十年になります。

お花の話題になった時、叔母が言った
「よく花屋さんで見るんだけど、
あのフラワーアレンジメントっていうのは
なんだか好きじゃないわ。
お花を、ただ、こんもり丸く挿してあって
何が言いたいのかわからなくて・・・」
という言葉にうなずく物がありました。

叔母が見ているアレンジメントは
ベーシックスタイル、アメリカンスタイル、
他にウエスタンスタイルと言って、
お花の面で、丸や三角など幾何学形を構成する花型です。
本来の花の形状にこだわるいけばなと違い
一本一本の花の姿よりも、どちらかといえば
出来上がりの全体の形と色彩にこだわっています。

私はいけばなを習ってる途中に
フラワーデザインを併行して習い始めたのですが、
最初の頃に「個々の花の姿はどうでもいいのかしら?」
と不思議に思いました。

ヨーロピアンアレンジメントというドイツから渡ってきた
全く別のスタイルもこの頃は普及してきているのですが、
各フラワーデザイン協会での資格試験など
一般的にはまだこのスタイルが受験内容の為
いわゆる「フラワーアレンジメントを習う」は、この形を習う事になります。

私は、自分の個性を出す仕事やプライベートでは
ほぼベーシックアレンジメントを生けませんが
教室では最初こちらをレッスンしております。
・・・が、私も形状にこだわらないスタイルが
正直いまだ本意ではありません。

ただそれでも、季節の花材で取り合わせる事はできるし、
ベーシックスタイルの構成の中でも
花の形状を表現できない事はありませんから、
レッスンで気をつけている点です。
それは今まで無意識に注意していましたが
私のレッスンの個性だと改めて気付く事ができました。

やはり、花の姿を大切にしていきます♪
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月12日

:: 夏の和花 掛け物

北國新聞文化センター・フリースタイルコース
7/12のレッスン

花材:桔梗・つるりんどう・キャンディータフト
資材:枝の掛け物

*画像はデジカメを忘れたので後日アップ
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。