2005年12月09日

花太郎 保坂桂一氏の訃報

今朝、知ったのですが、、、
私が尊敬するフラワーデザイナーの花太郎さんこと保坂桂一氏が
12月2日にお亡くなりになられていました。

たった1人で路上の花の手売りからこの世界で独立された実力派で
東京農大造園科ご出身なだけに
大胆でセクシーな空間装花を生けられる先生でした。
面識はございませんが、メディア上で拝見するに
御自身の花と同じく派手でセクシーで華があって
作品だけでなく保坂氏自身もとても魅力と人気があります。

私が初めて保坂氏の「花太郎の花現場」という本を目にした時、
お花の素敵さに感動でしたけど、親切さにも感動しました。
それは実際生ける時に戸惑うところを具体的にアドバイスしてあり、
「この方はお花を愛しているだけでなく
お花を生ける人の事も好きなんだ・・」と伝わってきて
一層ファンになりました。

数年前のある日、保坂先生が私のサイトを拝見されて
とても喜んでおられるとスタッフの方からメールを頂き、
大変感激した事があります。
その後もメールを頂き
「東京に来られたら用賀のスタジオへ遊びに来てください」と
お誘い頂いたまま、東京へは何度も何度も行きながらも機会がなく
そのままになってしまった事を悔やみます。
機会は作るものだったのに・・・。

来週の12月16日テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」(11月収録)に
御出演なさるそうです。 こちらでは放映日がずれますが
私はちょうど東京へ行っているので放映日に見る事ができます。
これが保坂氏を拝見する最後になるんですね・・。
信じられない・・・というか、、、とにかくショックです。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
早く生まれ変わられて、またカッコイイ花を魅せてください。


posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!保坂さんの訃報を(誰ピカで)知ってビックリして検索をした所、こちらを知りました。11月に誰ピカの収録を生で観る事ができ、そこで恥ずかしながら保坂さんを知りました。
3名のフラワーアーティストが誰ピカに出演されて、その中で1人違うエネルギーを放っていました。番組内でただ1人、その場で生けるという事をされ緊張した表情をずっとされていて、生けた後も何かをもっと表現したそうな表情をされていました。何だか素敵な方に出会えてすぐお別れなんてとても悲しくてやり切れませんでした!
ちゃんと花太郎さんの世界を知る前にお別れになってしまって、信じられなくて検索していたら、花太郎さんの世界を愛されているこちらに出会いました。初めてなのに支離滅裂になってしまって御免なさい。誰ピカで生けられた作品、天使の翼を背中につけて、お花いっぱいの天国へ飛翔されたのでしょうか。花太郎さん事、保坂桂一さんのご冥福を祈ります。長々と失礼しました。
Posted by ちーた at 2005年12月17日 10:45
■ちーたさん
保坂さんのとても貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございます。
それも、最後の収録となった番組内でのお話だそうで驚きです。

年末に何かと忙しくこちらへ寄れなかったもので、
とてもご丁寧な言葉を頂戴しておきながら
拝読するのがずいぶん遅くなり
大変失礼してしまいました。申し訳ございません。
よろしければ、ちーたさんのメールアドレスなど御連絡ください。
私はこちらです。
(注:web上に公開するとスパムが来る為、
 一旦こちらでお願いします。
 http://form1.fc2.com/form/?id=26826
 
>何だか素敵な方に出会えてすぐお別れなんてとても悲しくてやり切れませんでした!
>ちゃんと花太郎さんの世界を知る前にお別れになってしまって

ちーたさんの悔しい思いが伝わります。
私もこれからもパワーや刺激を頂きたい方でした。

放映日の16日は東京に居たのですが、
残念ながら仕事で遅くなり、見る事ができませんでした。
こちらでの放映が1月15日だそうです。とても待ち遠しいです。
Posted by さくふる@高瀬蔦代 at 2006年01月04日 14:22
mixiの足跡よりお邪魔します。

私も誰ピカ・・見逃してはいけないと、見ました、
お花の気持ちでお花をいけられる。
とても努力家で、才能ある保坂さん、芸術家にして、ご自分では、体力勝負の仕事と仰ったり、とても人間的にも素晴らしい方だと、思っていました。まだまだ、素晴らしい才能を全部出されずお亡くなりになったなんて、ほんとに、無情を感じます。

ほんとに安らかに・・・とご冥福を祈らずにはいられません。

高瀬様の素敵なアレンジメント・・・センスを感じます。また、覗かせていただきに参ります。


Posted by sachi at 2006年01月16日 23:45
■sachiさん

はじめまして。
お褒め頂きどうもありがとうございます(*゚ー゚)

「誰でもピカソ」。
友人がDVDに録って送ってくれて
石川の放送前に拝見する事ができました。
あんなに魅力的な方が・・・・・
本当に残念でなりません。
感想を書こうと思いながら
色んな思いを言葉にまとめられず
そのままになっております。

ブログはお引越しをしました。
http://blog.livedoor.jp/saqla_fleur/
新しい方でもどうぞよろしくお願いします。
Posted by さくふる@高瀬蔦代 at 2006年01月18日 13:57
初めまして、山口県では今日、夕方に「誰ピカ」が放送されまして、
初めて見た保坂さんのダイナミックさと繊細さの絶妙なバランスに驚かされた者のひとりです。
出会ったのが遅かった事を字幕で知り残念に感じています。
すごく慕われてらっしゃった方だったんですね。
もう少し早くに知りたかったです…。
Posted by STAR-expres at 2006年03月13日 17:49
■STAR-expresさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

どうして・・・という思いでいっぱいです。
残念ですよね。

書籍を出しておられるので
今度ぜひ拝見なさってください。
空間装花が素敵ですよ。
ハートをズキュンとやられます。
Posted by さくふる@高瀬蔦代 at 2006年03月15日 07:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

いしぶみ(碑)
Excerpt: 心に残っている言葉はなんですか?       本の題名ですが「碑」という言葉です。 ・・・名前は覚えてませんが誰かがテレビで、こんな風に話していたので早速取り寄せて読みました。 いしぶみ(碑..
Weblog: さくらホーム 地渡政彦のインターネットBlog
Tracked: 2005-12-13 20:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。