2005年05月18日

つれづれと・・・

今年も山藤があちこちで妖艶な姿を見せ始めています。
私はペーパードライバーで、車ではいつも助手席。
空港やサンダーバードの始発駅である和倉まで送ってもらう時に見える
能登の山の景色は四季をゆっくりと感じることができます。
桜、新緑、藤、紫陽花、萩、紅葉、真っ白な雪景色、、、
空気が澄んだ夜は視界に入りきらない星空が見えます。

あの夜道を車で走った人にこの感覚がわかる人がいるかと思うのですが
星に呼ばれてるような気がしませんか?
「・・・ん?」と、なんとなく上空から気配を感じて窓を開けて少し見上げると
降ってくるかと思う程の星が瞬いているんです。

今年に入り何かと用事があり、金沢へ殆ど毎週行っています。
今までは関東や関西への行き帰りに通過するだけだったのですが
この頃、なんだかとても縁が出来ました。

デパートへ買い物に行くと、各売り場の小ささや品揃え、
ブランドの少なさには、不満を感じてしまいます。
都会のデパートと比べてもしょうがないけれど、
今住んでる田舎に比べたら全然いいのだけど・・・。
私はその辺りの諦めを
もっとちゃんとしなければいけないのですが・・・なかなか難しい。

でも、子供の頃は金沢のデパートが嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。
母はデパートが好きで、しょっちゅう私を連れていきました。
私はお気に入りのサンリオへ早く行きたくて
服やバッグなどをゆっくり買い物しようとする母に
「ねぇまだ・・・?」と何度も急かしたものです。

公園のジャングルジム、小学校のグランド、中学や高校の校舎・・・
自分自身が立派になったわけでもないのに
大人になって色んなものが小さくなっていきます。
怖くて緊張した両親にもそれを少し感じ始めて、複雑な気分。。。


posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。