2005年09月15日

魔法の鏡

私がこうしてブログを書くのは独り言や
日々のちょっとした記録でもあるけれど、
遠く離れている友達が私の近況を知ってくれれば・・・いう思いもあります。

それぞれみんな家庭や仕事を持っていると
元気かな?どうしてるかな?と、お互い思いながらも
時間が流れていってしまいがち。

その程度の挨拶だと手紙や電話やPCからのメール程ではなく
携帯メールがまさにちょうどいいのだけど、
誰かに連絡入れようかなという気持ちになるのは
慌しい日中よりも大抵が夜遅い時間だったりするので
その頃には「着信音で迷惑かけるかな?」とか思って遠慮してしまいます。
仮に時間があったとしても
そういう気分じゃない時期だって各々にあるものです。
多分、多くの人が誰かを気にかけながらも
そんな事情で連絡しそびれついつい月日が経ってしまってるんじゃないかな。

時々、日記を読んでるよと言われる事があります。
更新がないと忙しいのかな?なんかあったのかな?と心配するし、
何か書いてあると、あーなんとか元気にやってるんだなと安心してくれるそうです。
私も友達の日記やBBSでは同じように思ってます。

るんるん「魔法の鏡」という古い歌があります。
今日この歌が聞きたくなって部屋で流していました。
ユーミンの荒井由実時代の歌で、
その頃は有名人でもない限り他人の暮らしぶりなどわからなかった時代。。。

ある日ふと誰かが私の事を気にかけてくれた時
ここを覗いて遠くから見守っていてくれればうれしいなと
そんな思いもあって書いています。


posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。