2006年01月15日

ブログの移転

2006年1月より新しいブログへお引越ししました。
ありがとうございました。



posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

花太郎 保坂桂一氏の訃報

今朝、知ったのですが、、、
私が尊敬するフラワーデザイナーの花太郎さんこと保坂桂一氏が
12月2日にお亡くなりになられていました。

たった1人で路上の花の手売りからこの世界で独立された実力派で
東京農大造園科ご出身なだけに
大胆でセクシーな空間装花を生けられる先生でした。
面識はございませんが、メディア上で拝見するに
御自身の花と同じく派手でセクシーで華があって
作品だけでなく保坂氏自身もとても魅力と人気があります。

私が初めて保坂氏の「花太郎の花現場」という本を目にした時、
お花の素敵さに感動でしたけど、親切さにも感動しました。
それは実際生ける時に戸惑うところを具体的にアドバイスしてあり、
「この方はお花を愛しているだけでなく
お花を生ける人の事も好きなんだ・・」と伝わってきて
一層ファンになりました。

数年前のある日、保坂先生が私のサイトを拝見されて
とても喜んでおられるとスタッフの方からメールを頂き、
大変感激した事があります。
その後もメールを頂き
「東京に来られたら用賀のスタジオへ遊びに来てください」と
お誘い頂いたまま、東京へは何度も何度も行きながらも機会がなく
そのままになってしまった事を悔やみます。
機会は作るものだったのに・・・。

来週の12月16日テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」(11月収録)に
御出演なさるそうです。 こちらでは放映日がずれますが
私はちょうど東京へ行っているので放映日に見る事ができます。
これが保坂氏を拝見する最後になるんですね・・。
信じられない・・・というか、、、とにかくショックです。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
早く生まれ変わられて、またカッコイイ花を魅せてください。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

色つきの夢

夢・・・、眠って見る方の夢ですが
みなさんは白黒ですか?カラーですか?

私は毎回かどうかは言い切れませんけど
殆ど色付きでカラーの夢なのです。
昨日は真っ赤な夕陽の夢だったし
今朝の夢には、スッキリした黄緑系の葉を持つ
アルストロメリア(という花)が出てきました。
白黒の夢しか見ないという話を聞くと
とても得してるように思えてうれしいです。

余談ですが、子供の頃からたまに見る中で
お気に入りが星空の夢。
これは星がキラキラと瞬いていて綺麗。
星座が線で繋がれている時もあります。
この夢を見た後はしばらく余韻に浸ってしまいます。

他に過去の印象的な夢では、
京都の市バスを運転している夢があります。
外車でもかっこいいスポーツカーでもなく市バス(笑)
バスを利用する事が滅多に無かったし
免許も持ってなかったのに、なぜかたまーに見ました。
大きなバスを結構気持ちよく運転している私が
ふと「あれ?私・・・運転の仕方知らないのに・・・」と気付き
急に怖くなった所で目が覚めていました。
で、この夢は免許を取ってから全く見なくなりました。
無意識に運転への憧れがあったということ?
でも、なんでまた市バスだったのでしょうね(゚ー゚?)
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ゆっくり流れる時間

お茶が好きで一日に何度か淹れます。
緑茶・ハーブティー・紅茶・おうすetc〜 
その時々の気分で色々楽しみますが、
お湯を沸かしたり、
そのお湯を冷ましたり、
それぞれのお茶に合わせた温度になるよう時間を待ち・・・
そして茶葉がちょうど良く開くまで、また待つ。。。
そんな時間が好きです。

京都で忙しかった頃は
ペットボトルのもので済ませていました。
私にとって長い間、日常のお茶とはそういうものでした。

一服のお茶の為にゆっくり時間をかけている今、
そういえばこんな時間があったんだなぁ・・・と気付き、
こうして穏やかな時を持てることを
ありがたいなぁと感じています。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

紅葉を愛でる

紅葉マニアである実家の母がオススメの
白山スーパー林道へ夫と母の3人で行ってきました。
(石川県〜岐阜県にまたがるドライブway・標高1450m)

母がここへ来るのはもう14回目だそう^^
母は紅葉が本当に好きで
身体が元気だった頃は各地へ足を延ばしていましたし、
私が京都に住んでいた十数年間も毎年紅葉の時期に来ていました。
(紅葉以外にもしょっちゅう来ましたが(・ー・;)

初めて来た夫と私は、想像を超える見事な景色に
「・・・すごい!」の表現が精一杯で
他に言葉が見つかりませんでした・・・。
でも、これでも所々に枯れ木が見えています。
ピークの時はどんなに素晴らしかったのでしょうね。
能登の満天の星を仰ぐ時も思うのだけれど、
遠くに果てしなく続く錦色の山々の重なりを山頂から見渡し
神様って天才クリエーターだぁ・・・と思いました。

帰りに千里浜の海を通る頃美しい落日を見て、
能登に入った頃は真っ暗で
夜空に星がキラキラ瞬いていました。


*クリックして見てくださいね。


hakusan1.jpg
右斜め上所々の滝もステキ・・・

hakusan3.jpg
右斜め上この色味が最も肉眼に近いかな。

hakusan2.jpg
右斜め上標高1400mを上回る山頂付近は、もう枯れ木が多くなっていました。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ただいま

東京〜関西と仕事が続き、長く留守にしていました。
あちらこちらの友人と会って
楽しい時間も過ごしてまいりました。
一度に会う事ができればよいのだけど
皆、多忙なので残念ながらそんなわけにはいきません。
でも「時間は作ろうと思えばなんとかなるもの」と
頼もしい事を言って無理して空けてくれました。ありがとうね。

コンラッド東京も行ってきました。
今度は宿泊してゆっくりくつろぐ事になったので楽しみです。

京都では祗園の料理屋さんへ行けてうれしかった。
ここは本当に美味しいんです。
Iちゃん、ごちそうさまでした。
あぁ・・・祗園が懐かしい・・・としみじみ。。。
所々変わったけれど、それでも私が十代の頃から
そのままのお店がまだたくさんあります。

で、肝心の仕事はどうだったかというと、
あって欲しいと願った花を運良く手配できて
とてもいいアレンジができました。
撮影二日目などは、降水確率80%といわれたのに晴天!
(外撮りではないけれど陽が入らないといけないのです)
神様に心から感謝でした。
表紙として、刊行物として出来上がるのはずっと先。
完成が待ち遠しくてしかたありません。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

ガラクタ

書きとめておきたい事と写真が溜まってきました。
どれも一つ一つは、特にどうってことのないものばかり。
物に例えたら、砂浜に落ちてるガラスみたいな石とか
何気に見かけた変なカタチの葉っぱなどの程度なんだけど。

今週からしばらくハードになるから
まとめてここに書けるのはずいぶん後になりそう。
その頃には、思ったことや感じたことの鮮度が悪くなって
もう書くのやめたって思うかもしれないなぁ・・・。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

甘い夜風

秋のお花をアレンジしたポストカードに
義母へお便りを書きました。
今、投函しに外へ出たら
今年初めての金木犀の香りが漂ってきました。
香りも届きそうな気がします・・。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

朝から夜まで聴いてます

数年ぶりのサザンのニューアルバム。
期待を裏切らない好きな曲ばかりでした。

サザンはデビューアルバムから全部買い続けています。
ベタだけどやっぱり大好き。
私の世代にはそういう人多いんじゃないかな?

キラーストリート (初回限定盤DVD付)
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

記しそびれた夏vol.1

夕焼けが大好きです。
夏に夕日を見にぶらっとドライブした時のもの。
載せる機会を失ってましたが
今年の夏の残り香としてアップしておきます。

1.jpg

ゆっくりゆっくり・・・

2.jpg

だんだん染まってきました。。。


4-1.jpg

反対の東の空に三日月のような雲が。



4.jpg

今日という日を照らした太陽が
小さな光となって海に沈んでいきます。。。


5.jpg

サイドミラーの中で落ちていく夕日・・・
夜が始まりかけた目の前に広がる薄闇の中で
夕焼けを閉じ込めた小さなモニターを見てるようでした。

【能登 曽々木海岸・8月5日】
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記しそびれた夏vol.2

8月27日。夏の終わり、台風の翌日でした。
曽々木海岸の同じ場所。

重いグレーの雲がまだ残っているし
近寄ると波しぶきがかかるほど激しさがありました。

827-1.jpg

827-2.jpg

827-3.jpg

水平線に小さく見える光は太陽。
白かった空が色づく短い時間は
このひとときだけ空の複雑な感情が滲み出ているように思えます。

827-4.jpg

絵のような模様のような空。
ちょっとピンボケ。

海を挟んだ夕空の向こうにも世界があるようで
あっち側からも誰かこっち側を遠い気持ちで眺めているみたい・・・。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

萩のお寺

昨夜は中秋の名月。
楽しみにしていたお月様でしたが
雲に隠れていて姿を見ることができませんでした。
でも東京の友達は美しい満月に見とれていたようです。
うらやましい。。。良かったね♪

----------------

門前町の總持寺に萩の花を愛でに参りました。
もう散りかけていて今年最後の萩だったようです。
それでも十分に見事でしたが川に水が少なかったのが淋しく思いました。
川にはたっぷりのお水が流れていてほしいですね。

自分達やお互いの実家家族たちの健康と平和、
先日おめでたが発覚した友人の安産を願いました。
少ないお賽銭のわりにずいぶん沢山のお願い事デス・・・(*゚ー゚)

19-1.jpg

19-2.jpg

少ーーし紅葉しています。秋ですねぇ。


19-3.jpg

19-4.jpg

仏様からのメッセージ。・・・あなたの人生はいかがですか?
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋風に揺れるコスモス

ドライブの道すがら・・・

cos1.jpg

cos2.jpg

cos3.jpg
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

魔法の鏡

私がこうしてブログを書くのは独り言や
日々のちょっとした記録でもあるけれど、
遠く離れている友達が私の近況を知ってくれれば・・・いう思いもあります。

それぞれみんな家庭や仕事を持っていると
元気かな?どうしてるかな?と、お互い思いながらも
時間が流れていってしまいがち。

その程度の挨拶だと手紙や電話やPCからのメール程ではなく
携帯メールがまさにちょうどいいのだけど、
誰かに連絡入れようかなという気持ちになるのは
慌しい日中よりも大抵が夜遅い時間だったりするので
その頃には「着信音で迷惑かけるかな?」とか思って遠慮してしまいます。
仮に時間があったとしても
そういう気分じゃない時期だって各々にあるものです。
多分、多くの人が誰かを気にかけながらも
そんな事情で連絡しそびれついつい月日が経ってしまってるんじゃないかな。

時々、日記を読んでるよと言われる事があります。
更新がないと忙しいのかな?なんかあったのかな?と心配するし、
何か書いてあると、あーなんとか元気にやってるんだなと安心してくれるそうです。
私も友達の日記やBBSでは同じように思ってます。

るんるん「魔法の鏡」という古い歌があります。
今日この歌が聞きたくなって部屋で流していました。
ユーミンの荒井由実時代の歌で、
その頃は有名人でもない限り他人の暮らしぶりなどわからなかった時代。。。

ある日ふと誰かが私の事を気にかけてくれた時
ここを覗いて遠くから見守っていてくれればうれしいなと
そんな思いもあって書いています。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

どうかお元気で良い旅を・・・

ひまわりが可愛いかった穴水の四季の丘。
そろそろコスモスが満開かな・・・?と楽しみに見に行ったのだけど
残念な事に台風が続いた被害で可哀想な姿になっていました。
また元気になれるといいな。。。

お天気がいいので、家に着く前に家の近くの
五色ヶ浜という浜辺でのんびりすることにしました。
車を止めて砂浜に腰を下ろそうとしたら
大きな荷物のおじさんもちょうど一休みされる所でした・・・。

その荷物は、若い男性でも持ち上げるのが大変そうな
何十キロあるかわからない重そうで大きな荷物。
驚いたことに四国の高知県から能登までそれを背負って歩いて来られたそうです!
関西を通り信州へ行き、富山のおわら風の盆を見たついでに能登も一周してらっしゃるとか。
ついでにしては大変エネルギーの要る「ついでに」ですよね(笑)
おじさんとは20分ほど3人で雑談を交わしました。
以前、車で日本一周の一人旅を経験した夫と各地の話しなどもしました。

日本海は山から日が昇り海に沈むけれど
この能登の内浦は海から日が昇り山に沈みます。
ここまで来る途中にどなたからかそれを聞いたそうで
「海に朝日が昇る土地の人は底抜けに明るいんだってよ。」
と話してくれました。実際どうなんでしょうかねぇ?

「この先のタコシマという町で今夜お祭りがあるの?」と聞かれ
それはタコジマと読むこと、明日もあること、
能登にはものすごい細かい単位で小さな秋祭りが続くこと、
自分の地域のお祭りを誰もが好きで好きでたまらないこと、
キリコやヤマ(山車)のことなどを話すと
「高知にはよさこいはあるけれど、そんな感じのお祭りは無いね〜」と仰ってました。
余談ですが、夫も能登に住んでみて小さな祭りの多さと
祭りへの思い入れの強さの地域性に驚いたそうです。

「(蛸島のお祭りが)明日もあるのならゆっくりいっても大丈夫だね」
「じゃあそろそろ行くね」と大きな重い荷物を背中にまた出発されました。
「じゃあ気をつけて!」「行ってらっしゃ〜い」と私たち。

それから何をするでもなく波打ち際でぷらぷらしていて
ふと歩道を見ると、おじさんの後姿はもう見えなくなるほど小さくなっていました。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

星空の出会い

27日土曜日の夜のことです。
夫と、私の実家へ行った帰りに車の助手席に乗っていたら、
また外から呼ばれてるような気がして(危ないですか?(・ー・;)この表現・・・)
窓の外に目を配ると、久しぶりの星空.;・☆・∴・'☆・∵・'

もうすぐ自宅に着きそうだった所を、
急遽、行き先を変更して柳田植物公園へ向かいました。
そこでなくても暗い道ならよ〜く見えるのですが
そこは「満天星」という天体観測所やプラネタリウムがある所なので
星を見るならその場所がいいような気がするのです。

到着して車から降りると、大きな天の川が空にかかり星が瞬いています。
しばらく曇りばかりで星を見てなかった分、ゆっくり眺めたいなと思いました。
しかし建物の外灯が眩しくて、いまいち集中出来ない。。。
それで外灯から少し離れた所へ移動し、そこでしばし眺めて、
まぁまぁ気が済んだところで、ようやく家に帰ることにしました。

そして、家に向かって暗い山道を走らせている途中のことです。
運転していた夫が「あ、大きな望遠鏡で観測してる人がいた」と。。。
真っ暗なので私には気が付きませんでした。
私「え?どこに?」
夫「今、通り過ぎた所に」
私「へぇー・・・」

車はそのまま走りました。が、、、

私「・・・・ねぇ、見せてくださいって言ったらあつかましいかなぁ・・・」
夫「え!?・・・そんなこと・・・言うの?(←ちょっと引き気味)」
私「だって、こんな機会滅多にないもん・・・。
  言うかどうかわからないけど、ちょっと戻ってみてくれる?」

そして戻ってもらい、私だけ車から降りて恐る恐る声をかけてみました。
「あのー すみません・・・」

声をかけてみてよかったです!
その方は隣の富山県のF町から星を観測にいらした方で親切な優しい男性でした。
暗闇でも高価とわかる大きな大きな望遠鏡を覗かせてくださるどころか
珍しい鉄アレイ型とリング状の星雲をそれぞれ見せて下さいました。
肉眼では見えない宇宙を覗けるとは、貴重な体験です。
真っ暗闇の中なのでレンズを落としたりなんかしたら大変なのに
私たちの為にわざわざ、望遠鏡に設置されてらしたデジカメを外したり
レンズを変えたり、またデジカメを装着したりと・・・本当恐縮でした。
そして、すごい兵器?をお持ちでいらっしゃいました。
PCと望遠鏡とリモコンが連動していて、
リモコンに見たい星を入力すると情報が望遠鏡に指示されて、
星が見えるポイントまでブイーーーンと動いて指定するのです!
すごい!驚きました!21世紀を実感しました。

ところがもっと驚いたことに、会話している内に
夫がお世話になった事のある方と親交のある方という事がわかり、
星を見せて頂いて感動した上、不思議な縁にも感動!
なんて奇遇なのでしょうか、夫は特にその町に詳しいわけでもないのに・・・。

私達が星を見せてもらってる時に流れ星が一つ夜空を走りました☆ミ
思わず3人とも「あ!」と声に出たのだけど、
今初めて会ったばかりの方と同じ感動を共にできたうれしい瞬間でした。

Yさん、その節は本当にありがとうございました。
私たちにとって、とても楽しい夜になりました。
また是非お会いしたいと願いますぴかぴか(新しい)

--------------------------------------
先ほど、Yさんの名字+町名+星で検索したら
ご本人のHPにヒットしました。
なんと!ブログには私たちの事も書いてくださっていました(・ー・*)
これからTBしてみようと思います。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

しみじみ・・・

ちょっと面白い縁で繋がったMIUさんのblogにて
良い言葉に会いました。
ここ数日、この言葉のことをよく考えています。

物事の結果というものを、早々と決め付けてしまうべきではない。
また、自分の思い通りにならない結果を放り投げてはいけない。


ハッとして、それからしみじみと思いました。
自分自身に深く刻みこみたい言葉であり、
いつか時期がきたら甥や姪にも伝えたい言葉です。

----------------------------------------------

また、ブルーナ展( ・ x ・ )に行ってきました。
今度は3Dではないアニメの上映を見ることができました。
この前日記に書いた、京都時代にTVで放映していたアニメ。
その事を知らずに行ったので大感激です!
長沢彩ちゃんの可愛い声を聞くことができました。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

DickBruna展 七尾美術館

miffy1.jpg

soon「美術館に行こう!
    ディックブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方」


お友達のKAZAさんから
七尾美術館にブルーナ展があるとの情報をいただき
夫と姪との3人で行ってきました。

七尾美術館は、現代美術展に入賞した母の書を見に行った事があります。
ワタシ的になかなか好きな建物。

今はキティちゃんメインの私ですが、
キティちゃんが生まれる前はミッフィちゃんメインでした。
ミッフィーちゃんとの出会いは小学校3年生で
デパートのおもちゃ売り場の階に降りた時に
ミッフィーちゃんが塔のようにディスプレイされていて
「なに?このかわいいうさぎは!?」と衝撃的に一目惚れしたのです。
両親にねだって連れ帰ったその日の夜から
ミッフィーちゃんと一緒に寝るようになりました。
・・・と、まあ、エピソードはこのくらいに。

このブルーナ展は、ただブルーナさんの作品が展示されているだけではなく
ミッフィーちゃんが両親に美術館へ連れて行ってもらうという物語とともに
私達もミッフィーちゃんと一緒に
モダンアートの誕生と歩みを勉強できる仕組みになっています。
各美術館からの協力で沢山の実物の絵画や彫刻作品が展示されていて、
シャガールもマティスもありました。
マティスがわりと好きなのだけど
テオ・ファン・ドゥース・ブルフの「コンポジション」に惹かれました。

他にミッフィーちゃんのDVDが放映されていて
その可愛らしさに見入ってしまいました。
京都にいた頃、時々NHK教育でアニメをやっていて
ビデオに録画していたのだけど、
残念なことに引越してる内に失くしてしまいました。
久しぶりに見たミッフィーちゃんのアニメは
今は3Dになっていたけれど、それはそれで可愛い〜です。
映像や脚本も可愛いけれど声が可愛い。
以前の声は長沢彩ちゃんという女の子だったのですが
今も同じなのかな?似てるような違うような・・・?
どっちだったのかな・・・。

あと、ブルーナさんが絵本を作る方法を(子ども用に)簡易的にした
切り+貼り絵で遊ぶコーナーや
ブルーナさんに直接送れるミッフィーちゃん生誕50年祝の
塗り絵コーナーもありました。
館内は撮影禁止だった為、その様子は撮れませんが
私は塗り絵・姪は両方を楽しみました。

とってもよかったので
もう1回行けたら行きたいなぁ。
KAZAさん、どうもありがとうね。

-------------------------------------------
撮影可能な所だけご紹介デス(^・^)

miffy2.gif

右斜め上ミッフィーちゃん達がお出迎え。
こんにちは〜、よろしくねぇ。


miffy-3.gif

右斜め上インフォメーションにもミッフィーちゃんが(・x・)


miffy3.gif

右斜め上迫力ある大きなタペストリー ミッフィー・ボリス・うたこさん


miffy8.gif

右斜め上カフェには特別にミッフィーセットのメニューが用意されていました。


miffy4.gif

右斜め上いよいよ中に!ワクワク!・・・あぁ、だけどここから撮影禁止。


miffy5.gif

右斜め上ん〜じゃあ、最後にここからちょっとだけいいですか?
いいことにしてください(・ー・;) パシャ!


miffy6.gif

右斜め上窓から美術館のお庭の風景・・・あ!あ!ミッフィーちゃんが!
画像では小さくて見えないけれど
奥の方〜の会場にもキャラクターが見えました。
手を振ってみたりして。

miffy7.gif
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

向日葵畑

himawari4.gif

我が家から車で30分ぐらいの町に
お花畑があるとのことを先日初めて知り、早速、その翌日に行ってきました。
内灘の方にひまわり畑があると聞いてましたが
行ける機会が無さそうで諦めていたから、とてもうれしい情報です。

春は菜の花・夏は向日葵・秋はコスモス、が一面に咲くそう。
その日は、大雨が降ったり急に晴れたり・・という
空の気持ちがとても情緒不安定な日。
幸い、ちょうど雨が上がった時に現地に着きました。
himawari2.gif

まず、一斉にこちらを向いている向日葵達と目が合って
思わず照れ笑いしてしまいました。
さすが向日葵。
名前負けしないぞ!ってな風に、一同お日様の方に向いています。


そして、ふと振り返ると・・・
himawari3.gif

今度は一斉に後を向いてる向日葵に気付いてビックリ!
himawari1.jpg

あんなに揃ってるとその姿に妙な迫力があって、
なんだか向日葵の中に人が入ってるような気さえしました。
「ぜんたーーーい、止まれっ!」「右向けー右っ!」
と、お日様から号令をかけられているよう。

・・・という事を、別の所で書いたら
「自分が右に歩いたらヒマワリも一斉に右を向くとか、
だるまさんが転んだ、みたいなことを想像してしまいました。」
とのユニークなコメントをある女の子から頂いたのですが、
この向日葵達なら本当にやりそうな気がします。
植物というよりも人間の気配持ってましたから(笑)

別の畑でちらほらとピンクの濃淡を色付け始めているコスモスが
これから咲き揃うのが楽しみです。
教えてくださったのぶこさん、本当に感謝です。
(トラックバックデビューしてみます。できるかな?ドキドキ。)
posted by さくらふるーる at 14:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

雨で流星群が・・・

残念です。
雨で見れませんでした。

12月13日深夜のふたご座流星群と
年明け1月3日深夜のりゅう座流星群を待つことにしましょう。
流星群はそれまでお預け。


posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。