2005年09月10日

どうかお元気で良い旅を・・・

ひまわりが可愛いかった穴水の四季の丘。
そろそろコスモスが満開かな・・・?と楽しみに見に行ったのだけど
残念な事に台風が続いた被害で可哀想な姿になっていました。
また元気になれるといいな。。。

お天気がいいので、家に着く前に家の近くの
五色ヶ浜という浜辺でのんびりすることにしました。
車を止めて砂浜に腰を下ろそうとしたら
大きな荷物のおじさんもちょうど一休みされる所でした・・・。

その荷物は、若い男性でも持ち上げるのが大変そうな
何十キロあるかわからない重そうで大きな荷物。
驚いたことに四国の高知県から能登までそれを背負って歩いて来られたそうです!
関西を通り信州へ行き、富山のおわら風の盆を見たついでに能登も一周してらっしゃるとか。
ついでにしては大変エネルギーの要る「ついでに」ですよね(笑)
おじさんとは20分ほど3人で雑談を交わしました。
以前、車で日本一周の一人旅を経験した夫と各地の話しなどもしました。

日本海は山から日が昇り海に沈むけれど
この能登の内浦は海から日が昇り山に沈みます。
ここまで来る途中にどなたからかそれを聞いたそうで
「海に朝日が昇る土地の人は底抜けに明るいんだってよ。」
と話してくれました。実際どうなんでしょうかねぇ?

「この先のタコシマという町で今夜お祭りがあるの?」と聞かれ
それはタコジマと読むこと、明日もあること、
能登にはものすごい細かい単位で小さな秋祭りが続くこと、
自分の地域のお祭りを誰もが好きで好きでたまらないこと、
キリコやヤマ(山車)のことなどを話すと
「高知にはよさこいはあるけれど、そんな感じのお祭りは無いね〜」と仰ってました。
余談ですが、夫も能登に住んでみて小さな祭りの多さと
祭りへの思い入れの強さの地域性に驚いたそうです。

「(蛸島のお祭りが)明日もあるのならゆっくりいっても大丈夫だね」
「じゃあそろそろ行くね」と大きな重い荷物を背中にまた出発されました。
「じゃあ気をつけて!」「行ってらっしゃ〜い」と私たち。

それから何をするでもなく波打ち際でぷらぷらしていて
ふと歩道を見ると、おじさんの後姿はもう見えなくなるほど小さくなっていました。


posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

星空の出会い

27日土曜日の夜のことです。
夫と、私の実家へ行った帰りに車の助手席に乗っていたら、
また外から呼ばれてるような気がして(危ないですか?(・ー・;)この表現・・・)
窓の外に目を配ると、久しぶりの星空.;・☆・∴・'☆・∵・'

もうすぐ自宅に着きそうだった所を、
急遽、行き先を変更して柳田植物公園へ向かいました。
そこでなくても暗い道ならよ〜く見えるのですが
そこは「満天星」という天体観測所やプラネタリウムがある所なので
星を見るならその場所がいいような気がするのです。

到着して車から降りると、大きな天の川が空にかかり星が瞬いています。
しばらく曇りばかりで星を見てなかった分、ゆっくり眺めたいなと思いました。
しかし建物の外灯が眩しくて、いまいち集中出来ない。。。
それで外灯から少し離れた所へ移動し、そこでしばし眺めて、
まぁまぁ気が済んだところで、ようやく家に帰ることにしました。

そして、家に向かって暗い山道を走らせている途中のことです。
運転していた夫が「あ、大きな望遠鏡で観測してる人がいた」と。。。
真っ暗なので私には気が付きませんでした。
私「え?どこに?」
夫「今、通り過ぎた所に」
私「へぇー・・・」

車はそのまま走りました。が、、、

私「・・・・ねぇ、見せてくださいって言ったらあつかましいかなぁ・・・」
夫「え!?・・・そんなこと・・・言うの?(←ちょっと引き気味)」
私「だって、こんな機会滅多にないもん・・・。
  言うかどうかわからないけど、ちょっと戻ってみてくれる?」

そして戻ってもらい、私だけ車から降りて恐る恐る声をかけてみました。
「あのー すみません・・・」

声をかけてみてよかったです!
その方は隣の富山県のF町から星を観測にいらした方で親切な優しい男性でした。
暗闇でも高価とわかる大きな大きな望遠鏡を覗かせてくださるどころか
珍しい鉄アレイ型とリング状の星雲をそれぞれ見せて下さいました。
肉眼では見えない宇宙を覗けるとは、貴重な体験です。
真っ暗闇の中なのでレンズを落としたりなんかしたら大変なのに
私たちの為にわざわざ、望遠鏡に設置されてらしたデジカメを外したり
レンズを変えたり、またデジカメを装着したりと・・・本当恐縮でした。
そして、すごい兵器?をお持ちでいらっしゃいました。
PCと望遠鏡とリモコンが連動していて、
リモコンに見たい星を入力すると情報が望遠鏡に指示されて、
星が見えるポイントまでブイーーーンと動いて指定するのです!
すごい!驚きました!21世紀を実感しました。

ところがもっと驚いたことに、会話している内に
夫がお世話になった事のある方と親交のある方という事がわかり、
星を見せて頂いて感動した上、不思議な縁にも感動!
なんて奇遇なのでしょうか、夫は特にその町に詳しいわけでもないのに・・・。

私達が星を見せてもらってる時に流れ星が一つ夜空を走りました☆ミ
思わず3人とも「あ!」と声に出たのだけど、
今初めて会ったばかりの方と同じ感動を共にできたうれしい瞬間でした。

Yさん、その節は本当にありがとうございました。
私たちにとって、とても楽しい夜になりました。
また是非お会いしたいと願いますぴかぴか(新しい)

--------------------------------------
先ほど、Yさんの名字+町名+星で検索したら
ご本人のHPにヒットしました。
なんと!ブログには私たちの事も書いてくださっていました(・ー・*)
これからTBしてみようと思います。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

しみじみ・・・

ちょっと面白い縁で繋がったMIUさんのblogにて
良い言葉に会いました。
ここ数日、この言葉のことをよく考えています。

物事の結果というものを、早々と決め付けてしまうべきではない。
また、自分の思い通りにならない結果を放り投げてはいけない。


ハッとして、それからしみじみと思いました。
自分自身に深く刻みこみたい言葉であり、
いつか時期がきたら甥や姪にも伝えたい言葉です。

----------------------------------------------

また、ブルーナ展( ・ x ・ )に行ってきました。
今度は3Dではないアニメの上映を見ることができました。
この前日記に書いた、京都時代にTVで放映していたアニメ。
その事を知らずに行ったので大感激です!
長沢彩ちゃんの可愛い声を聞くことができました。
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

DickBruna展 七尾美術館

miffy1.jpg

soon「美術館に行こう!
    ディックブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方」


お友達のKAZAさんから
七尾美術館にブルーナ展があるとの情報をいただき
夫と姪との3人で行ってきました。

七尾美術館は、現代美術展に入賞した母の書を見に行った事があります。
ワタシ的になかなか好きな建物。

今はキティちゃんメインの私ですが、
キティちゃんが生まれる前はミッフィちゃんメインでした。
ミッフィーちゃんとの出会いは小学校3年生で
デパートのおもちゃ売り場の階に降りた時に
ミッフィーちゃんが塔のようにディスプレイされていて
「なに?このかわいいうさぎは!?」と衝撃的に一目惚れしたのです。
両親にねだって連れ帰ったその日の夜から
ミッフィーちゃんと一緒に寝るようになりました。
・・・と、まあ、エピソードはこのくらいに。

このブルーナ展は、ただブルーナさんの作品が展示されているだけではなく
ミッフィーちゃんが両親に美術館へ連れて行ってもらうという物語とともに
私達もミッフィーちゃんと一緒に
モダンアートの誕生と歩みを勉強できる仕組みになっています。
各美術館からの協力で沢山の実物の絵画や彫刻作品が展示されていて、
シャガールもマティスもありました。
マティスがわりと好きなのだけど
テオ・ファン・ドゥース・ブルフの「コンポジション」に惹かれました。

他にミッフィーちゃんのDVDが放映されていて
その可愛らしさに見入ってしまいました。
京都にいた頃、時々NHK教育でアニメをやっていて
ビデオに録画していたのだけど、
残念なことに引越してる内に失くしてしまいました。
久しぶりに見たミッフィーちゃんのアニメは
今は3Dになっていたけれど、それはそれで可愛い〜です。
映像や脚本も可愛いけれど声が可愛い。
以前の声は長沢彩ちゃんという女の子だったのですが
今も同じなのかな?似てるような違うような・・・?
どっちだったのかな・・・。

あと、ブルーナさんが絵本を作る方法を(子ども用に)簡易的にした
切り+貼り絵で遊ぶコーナーや
ブルーナさんに直接送れるミッフィーちゃん生誕50年祝の
塗り絵コーナーもありました。
館内は撮影禁止だった為、その様子は撮れませんが
私は塗り絵・姪は両方を楽しみました。

とってもよかったので
もう1回行けたら行きたいなぁ。
KAZAさん、どうもありがとうね。

-------------------------------------------
撮影可能な所だけご紹介デス(^・^)

miffy2.gif

右斜め上ミッフィーちゃん達がお出迎え。
こんにちは〜、よろしくねぇ。


miffy-3.gif

右斜め上インフォメーションにもミッフィーちゃんが(・x・)


miffy3.gif

右斜め上迫力ある大きなタペストリー ミッフィー・ボリス・うたこさん


miffy8.gif

右斜め上カフェには特別にミッフィーセットのメニューが用意されていました。


miffy4.gif

右斜め上いよいよ中に!ワクワク!・・・あぁ、だけどここから撮影禁止。


miffy5.gif

右斜め上ん〜じゃあ、最後にここからちょっとだけいいですか?
いいことにしてください(・ー・;) パシャ!


miffy6.gif

右斜め上窓から美術館のお庭の風景・・・あ!あ!ミッフィーちゃんが!
画像では小さくて見えないけれど
奥の方〜の会場にもキャラクターが見えました。
手を振ってみたりして。

miffy7.gif
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

向日葵畑

himawari4.gif

我が家から車で30分ぐらいの町に
お花畑があるとのことを先日初めて知り、早速、その翌日に行ってきました。
内灘の方にひまわり畑があると聞いてましたが
行ける機会が無さそうで諦めていたから、とてもうれしい情報です。

春は菜の花・夏は向日葵・秋はコスモス、が一面に咲くそう。
その日は、大雨が降ったり急に晴れたり・・という
空の気持ちがとても情緒不安定な日。
幸い、ちょうど雨が上がった時に現地に着きました。
himawari2.gif

まず、一斉にこちらを向いている向日葵達と目が合って
思わず照れ笑いしてしまいました。
さすが向日葵。
名前負けしないぞ!ってな風に、一同お日様の方に向いています。


そして、ふと振り返ると・・・
himawari3.gif

今度は一斉に後を向いてる向日葵に気付いてビックリ!
himawari1.jpg

あんなに揃ってるとその姿に妙な迫力があって、
なんだか向日葵の中に人が入ってるような気さえしました。
「ぜんたーーーい、止まれっ!」「右向けー右っ!」
と、お日様から号令をかけられているよう。

・・・という事を、別の所で書いたら
「自分が右に歩いたらヒマワリも一斉に右を向くとか、
だるまさんが転んだ、みたいなことを想像してしまいました。」
とのユニークなコメントをある女の子から頂いたのですが、
この向日葵達なら本当にやりそうな気がします。
植物というよりも人間の気配持ってましたから(笑)

別の畑でちらほらとピンクの濃淡を色付け始めているコスモスが
これから咲き揃うのが楽しみです。
教えてくださったのぶこさん、本当に感謝です。
(トラックバックデビューしてみます。できるかな?ドキドキ。)
posted by さくらふるーる at 14:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

雨で流星群が・・・

残念です。
雨で見れませんでした。

12月13日深夜のふたご座流星群と
年明け1月3日深夜のりゅう座流星群を待つことにしましょう。
流星群はそれまでお預け。


posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ペルセウス座流星群

私の不注意でここしばらく
guestbookもサイトそのものも落ちてしまってましたが
現在は復旧しました。またよろしくです。

今とっても楽しみにしてる事があります。
それは8月12日〜13日夜にピークを迎えるペルセウス流星群。

ここにも書いた事あるのですが、
私の町は、夜晴れていれば
視力が0.2〜0.3の私でも天の川が肉眼で見えるほど星空が見事!
すごいんですよ!星が降ってきそうだし視界に入りきらない。
(先日、プラネタリウムに初めて行ったのだけど
 あれを天然の輝きにしたような感じ)
そういう環境での流星群ウォッチだから
それはもう、とってもワクワクしています。

夫が休日前の夜、星がよく見える所まで
車で連れていってもらう事があります。
この前見に行った時に星が一つスーーーッと流れていきました☆ミ
ペルセウス座流星群は7月下旬からもう飛び始めてるらしいので
私達が見たのもそうだったのかもしれません。

そういえば、4年前のペルセウス座流星群の時
私は実家の屋根の上にマットを敷き、
明るくなるまで仰向けに寝転んで見ていました。
その時、「流れたよ〜」とか「富山は曇ってて見えない」とかを
夜通し携帯のメールでやり取りしてたのが
現在私の夫になっている人です。
当時は、その2年後から死ぬまでずっと
毎年一緒に流星群を見ることになるとは思ってませんでした。
不思議なものです。
彼が相当、星に願いをかけたらしいという噂もありますが(笑)

今年の12日夜、どうか晴れますように☆・・・
posted by さくらふるーる at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。